お金借金返済をどうにもできない場合、借金整理の最後手段として「自己破産」があります。自己破産と聞くと少し怖いイメージですが、具体的にはどういったものなのでしょうか。自己破産の大きなメリットは債務が免責されることです。免責というのは、債務を免れるということで、支払い義務の免除を認めてもらう制度です。継続的な収入を得ることができなくなった時や、返済に充てるほどの財産がなければ、借金は完済できません。このように、継続的に借金の返済できなくなった場合、債務者が裁判所に申し立てて、借金の免責を認めてもらうのが自己破産制度です。

返済不能であるとなれば、裁判所が債務者が本当に財産がないのか、本当に支払い不能なのかなど色々事実を調べます。しっかりと調べた上で、借金を免責されます。統計では、免責率は90%超えているようですが、調査結果によっては、免責されない場合もあります。また、財産がある人は、最低限必要なものだけ残してすべて失うことになります。

例えば、家などの不動産などの財産がある人は、家や土地などは金銭に換価されて、債務の充当に当てられます。このように自己破産は、借金返済を免除してもらえる分、リスクも高いものとなります。しかし、借金で自殺などを考えるほど深刻にお悩みであれば、自己破産について弁護士に相談してみるとよいでしょう。場合によっては、自己破産しない方法で借金返済できるかもしれません。